―建築のあるべき姿を探して―

1970年創立以来、お陰様で、多岐にわたる建築を設計する機会に恵まれ、建築という行為を通して、過去を考え、今を据え、未来を見つめて参りました。                     建築を創るということは、クライアントにとって財産を作ることであり、それはまた社会の財産でもあります。                                          価値ある建築を創ることにより、クライアントにまた社会に還元していきたいと考えております。